コメントする

レアル・マドリードの元選手と現役監督であるジダン、5番を10番へ

1ジネディーヌ・ジダンはベレ、 マラドーナ、プラティニなどの先人たちと同様に、 真に偉大な10番としてサッカー史に名を残すことだろう。だが、彼は数ある背番号の中で5番を身につけてキャリアを終えた。2001年にレアル・マドリードに来た時、このフランス人が10番を要求することはできなかった。攻擊的MFのポルトガルサッカー選手、ルイス・フィーゴがもうつけていたからだ。

フェルナンド・モリエンテスが9番、 スティーヴ・マクマナマンが8番で、7番はラウールのものだった。それでジダンはしかたなぐもっと若い数字の空きを探し、通常はレアル・マドリード守備的サッカー選手の背番号である数字、5番をつけることにしたのである。この、チームでの役割からすると異例の背番号が大きな成功をもたらしてくれたので、ジダンは2006年にキヤリアを終えるまでつけ続けた。今日でも、故郷マルセイユ近郊のエクサンプロヴァンスに ある自分のフットサルパーク”Z5”の宣伝に、5という数字を利用している。

ジダンを熱烈に尊敬するブラジルのゲームメ一カー、2007年欧州最優秀選手の力力は、2009年にレアル・マドリードに来た際、敬意のしるしとして5番を辞退、8 番をつけた。だがジダンは、公平に首って、しょっちゅう背番号をかえるサッカー選手だった。カンヌでのデビューでは11番、ボルドーでは7番だった。

10番はオランダ人MF、リシヤルト・ヴィチュへがすでに使っていたからだ。ユヴェントスとサインした時には、三つの理由で21番を選んだ。まず、 7番はアンジェロ・ディ・リー ヴィ才がっけており、10番はアレッサンドロ・デル・ピエロのもので、さらには10番をつけなければ、当時まだトリノの忠実なユヴェンティーノ(ユヴェントスのサ ポーター)のアイドルだった同胞、プラティニと比べられずにすんだのだ。

フランス代表でも、ジダンは複数の背番号を身につけてぃる。例えば、チェコ共和国との代表デビュー時(1994年8月17日、スコアは2-2)は14番だった。しかし、背番号が何番だろうと、ピッチ上での彼の役割は伝統的に何番の仕事すなわちケームメ一力一。ジダンはそのポジションからレベルとテクニックを見せつけて世界をとりこにしたのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です